呼吸は切り替わる~名前のない、もう一つの呼吸法~

呼吸 声 歌 心 体 演奏 バランス 整える 緊張 リラックス  潜在能力 聞く 感じる 伝える 存在 表現 充実

今日は広島・福岡の皆さんとオンラインワークショップをやってました

オンラインを導入してからワークショップ開催の頻度を上げてくださっている広島・福岡の皆さんと共に、呼吸を通じて本日もありとあらゆる体験をさせもらうことが出来ました。

ここ数回ほぼ同じ方々が来てくださることと、日程の間隔が狭まっていることもあって、自然と始まって直ぐの段階から内面との繋がりが濃い目のワークを今日は選択していました。

いつもの如く、外部から見学したとすれば一体何をやっているのか皆目分からない、もしかすると、何もやってないようにさえ見える、そんなワークを投げ掛けさせてもらって、味わう時間が多く長くなる、それが濃い目のワークの特徴です。

そんな時間を過ごす中で、ご参加メンバーの中から見事に的を射たワークの意味付けや解釈が、頭で考察した理屈なんかでは無いリアルタイムの実体験として語り出されます。

それらの多くが決して口裏を合わせた訳でも当然無いのに、ワークを投げ掛けた僕も何となくそのように感じていたこととの心地好い符合が見られたりするのです。

それは結構しょっちゅう、するのです。

首や肩や背中や腰に背負った固さや凝りや痛み等の違和感や、その他諸々の " 症状 " と呼ばれることの全て。

これらを外部からの侵入者、異物、敵と見なすのか、じっと見詰めて感じ入って味わうことで、実はそうでは無かったかも、と認識を新たにするのか。

もしもそのように認識を新たにするのだとしたら、その正体とは一体何なのか。

言葉にするとすればこのような感じのプロセスが短い時間の中で体の内側で展開され、平和な着陸点を見付けたりもするのです。

その時に人は、目が覚めたように感じることがあります。

そう、別に、その時まで居眠りやうたた寝をしていた訳では無いのにです。

さっきからちゃんと起きてちゃんと目覚めてたのに、その上で目が覚めたように感じるのです。

でも、起きたままで目が覚めるには、居眠りやうたた寝はしないまでも、一旦は浸け置き洗いの洗濯物のように、ぐんにゃぐんにゃのしわくちゃになって、繊維の奥からの汚れまでが浮き出て来るような、そんな時間、自分を待ってあげる時間を持つことが必要となって来ます。

これは、一人でやる作業と言えばそれはそうなんですが、可能であれば一人よりも何人かと一緒にやる方が、より効果が促進されます。

そんな体験をお互いに安心して語り合い、認め合う環境が、ここに見事に育っています。

今回も、広島声の文化普及協会・和田さん、全てのセッティングをありがとうございました。

勿論、ご参加頂いた全ての皆さん、ありがとうございました。

次は多分7月ですかね。

またお会い出来ますと幸いです。

次回もどうぞ宜しくお願い致します。

✏️光が丘公園追記✏️

今日、光が丘公園を訪れてみて感じたことを少し書いておきます。

とにかくたくさんの人が居ました。

緊急事態宣言の趣旨からすると、その光景はきっと反するもの、頂けないもの、となるのでしょう。

なるのでしょう?ですよね?

先日の僕の方の屋外イベントも、やるかやらないかやっぱり悩みましたが、何人かの方々が各々の方面から集まってくださるリスクや、宣言との見事なバッティングに気分が萎えてしまった感は否めませんでした。

その宣言も初回や二回目の頃なら皆さんももっとその趣旨に賛同して、外出を我慢していた方も多くいらしたのではないかと思います。

でもここまで来るとさすがに、抑え切れない何かに気付き出している、そんな風に感じました。

なんだかんだ言ってオリンピックはやろうとしてるよね、そんなことも多くの方が思って当然の状況。

それから、この宣言期間が終わって縛りを無くしたら、そのタイミングで具体的に何が変わっていて翌日から安全と言えるの?

そんな疑問、察しの良い人ならやる前から分かるようなことも、優勢な情報に余りにも素直な人は、ある程度そのおかしな状況を経過してみないとそれが如何におかしいかに気付けないことはよくあることです。

そこを、やっと皆気付いて来たのかなと、そんな雰囲気をたくさん感じた今日の光が丘公園でもありました。

商業施設やレジャー施設が閉館・休館で、公園内でも売店や屋内施設は全部閉まってましたから、せめて広場で寛いだり、軽い遊び位はもういいでしょ、という思いが公園全体から伝わって来ました。

最近お金の概念で、こんな風に説く人が増えています。お金の本質の話です。

多くの方がお金をたくさん得たいと願いますが、それは、本当はお金では無くて、お金を払って得たい目的の方が重要な筈です。

と、こんな話ですが。

これ、お金の部分を、命に置き換えて考える切っ掛けを、今の騒ぎで多くの人が受け取ったのでは無いか、そんな風に感じています。

多くの方が出来るだけ長く命を保っていたいと願いますが、それは、本当は単なる長い命では無くて、命を使って得たい目的の方が重要な筈です。

僕はこれを偏重して全人類に押し付けよう等とは思いませんし(そんな発信力があったら苦労しません)、そんな単純な話では無いと、更に逆方向からの視点を、立場上正当に訴える方も多くいらっしゃることは重々承知している積もりです。この騒ぎの最前線で奮闘している医療従事者の方や、ご本人やご家族が基礎疾患をお持ちの方は、あんなに多くの方が外出している光景を見たくは無いでしょうし、それから、重度の障害をお持ちで寝たきりの方やその周りの方々はきっと、具体的な命の目的が分からなくても生きる権利を皆が持っている事実を強く訴えて当然です。

そんな中にあって、一人一人が今何をどうするのが良いか、自分の感性に問い掛ける習慣を、その為の普段からの心身との対話を多く持てるような、そんな社会の在り方をもっと提案・発信出来ればと思っています。

🌲🌳光が丘公園にて🌳🌲

きっと先日延期にした屋外イベント、あれが元でインスピレーションを得られたのかと思うのですが。

本日は午前中、練馬区の光が丘公園にて屋外個人セッションをやって来ました。

懐かしい高円寺のレヴンさんでのワークには毎回来てくださっていて、乗馬の見学にも誘ってくださった方のご依頼です。

テニスコート横の売店辺りに集合して、ベンチでワーク、公園内を歩く、木陰でワーク、歩く、ベンチでワーク・・・。

何となくこんなイメージをご提案くださり、想像するだけで気分が盛り上がりましたので、ホントにそのような流れでワークしました。

まず、ベンチでワークしている時、そんなに表立って目立つ動きをしている訳でも無いのに、道行く人からめちゃくちゃ見られました。

きっと、こんな風に集中してると、ただならぬ雰囲気が出ちゃってるんだなと、初めて具体的に分かりました。

ワークで脚の在り方に働き掛けると二人同時に立ち上がりたくなって、それで自然な流れとして歩くことに。

数分歩いて辿り着いたのは一本の木。

涼やかな木陰で伸びをしたり、立つこと、歩き始めること、それから普通に生きているだけでは到底気付かないような足の働きの真実のワークなど、その他色々と、もう本当に楽しみました。

このワークの時は僕も結構活発に言葉や身振りで伝えることをしましたので、周囲でレジャーシートを敷いて寛いでいた家族連れの内何人かが、明らかにチラ見したり聞き耳を立てているのが分かり、時には触発されて伸びをしている女性まで居たのが面白かったです。

その内に、その木だけが周りの他の多くの木々と違って二股に別れた特有の形なのに気付いて、「登っていいよ、遊んでいいよ」と言ってくれているのが伝わって来て、登りはしなかったんですが、ちょっと高い枝にぶら下がって子供みたいに遊ばせてもらいました。

木肌に触れ抱き付いたらちょっと泣きそうになって、「ありがとう、ありがとう」と何度もお礼を伝えました。何のお礼なのかはっきりとは分からずに。

そうしてまた数分歩いてベンチのある所へ。

木陰での内容のあるワークの影響と、土や芝生を歩いたことも相俟って、ベンチに腰掛けた瞬間に、二人同時に所謂丹田の辺りが活性化しているのを確認。

そこから発展し、" 点 " と " 全体性 " を実感するワークをし、更にその視点で現在の自分を俯瞰したら、疑いもなく「気持ちいい」 という事実を再確認するに至りました。そんな感じで今回のワークは終息方向へ、緩やかに落ち着いてゆきました。

この終わり際のワークなんかも、もうホントに外部から見ていたら特に何にもしてないのですけれど、対面の離れたベンチから不思議そうに凝視している人が居ましたし、やっぱり道行く人は異空間を眺めるように通り過ぎて行くのがひしひしと伝わって来ました。

こんなご依頼を頂いて、そして本当にやってみて、収穫があったなんてもんじゃない、そんな感想です。

ある程度このワークに慣れた方なら最早周囲の視線など気にならないようですし、グループワークも充分可能であることが実証出来ました。

それから、ここにはとても書き表せていませんが、自然がワークにこれ程の好影響を与えてくれるとは、その素晴らしさは想像を遥かに越えていて驚いてしまいました。

空気感、風の流れ、その他きっと意識的には全ては気付くことが出来ていないであろう、優しく繊細な恩恵の数々。

周りで聞き耳を立てていた人達は、かなり興味を持っていたことも分かりました。自分達の全く知らない世界について話しているようだと、そんな風に。

まだまだ書き切れない情報を心身に溢れる程受け取らせてもらえて、ご依頼をくださったことに心から感謝です。

「暑過ぎず寒過ぎず、晴天の日には普通にまたやれますね、今度は是非皆さんと」

そんな言葉を交わし現地解散、今日のワークは終了しました。

🎙️発表から暫く経ちました🎙️

先ず、先日発表しました新企画ですが、お申し込みやらお問い合わせの皆さん、企画名を間違え過ぎです。

と申しますか、名称を書いてた人、一人も居なかったのではないでしょうか。事務局が混乱をきたしております💧

正式名称は、

「呼吸は切り替わるクラブ(※今、思い付きで名付けました)」

です💢

それで、物凄いタイミングでまたしても緊急事態宣言が出まして、それでも一人でやるだけだから適当な場所位見付かるだろうと楽観視しておりましたが、近所の小さなカラオケBOXまでがホントにずっと休んでますし、地元の区民の施設も閉館中。

思い切ってあの自宅から、どれ位で苦情が来るもんなのか実験がてらやってみようかとも思ったのですが、今追ん出されると流石に厳しいので自重します。

あ、そうそう、これは非常に重要な事を書き忘れるところでした。

オンラインワークに一度でもご参加の方は、ZoomやSkypeで僕の背景に映っている部屋の壁や襖が印象的かと思うのですが、あれ、バーチャル背景画像ですから。

「昭和   フォーク」で検索したら出て来たんです。嘘なんかついてませんから。

今時あんなアパート、ある訳が無いじゃないですか(笑)

それで、手頃な場所が確保出来次第(←なんかここだけ見ると中文みたい)、「呼吸は切り替わるクラブ(※今、思い付きで名付けました)」は必ずやりますので、どうか楽しみに、もう少しだけお待ちください。

真面目な記事の更新も(今回のも真面目は真面目なんですけどね)、必ず続きますのでどうか気長にお付き合いくださると幸いです。

🎙️発表します🎙️

呼吸は切り替わるライヴをレギュラー化します。

どういうことか説明します。

あの、興味、あります、よ、ね。

先日のライヴを準備しくれた方が、カラオケ「ビッグエコー」がWi-Fi完備のテレワークルームを貸し出ししていることを教えてくたのがこの話の元です。

それで、ビッグエコーに限らず、その他レンタルスタジオや区民施設等を借りて、不定期に一人で歌うことにしました。

週一とか隔週とか、そんな感じで。

一人でも、「自分の為だけに歌う心地好さ」に割り切ってシフトすると、たまには僕でも意外と歌えることは経験上分かってはいます。

上京したばかりの頃、近くのグランドで夜中に夜空に向かって歌ってたのを思い出します。あれは、星がお客さんだったのか(←カッコええこと言うやないかい)、めっちゃ声出てました。

その代わり、川を隔てた向こう岸、遥か遠くの住宅から苦情というか抗議の叫びをずっとあげ続けている住民に物凄く後で漸く気付いて、「俺、声めっちゃ通るな」と自信を深めて、小さく「すんません」と謝り立ち去って、二度とそこでは歌わないようにしました。嗚呼、懐かしい。あの時のオッサン、ゴメン。あっ、よく考えたらあのオッサンも声めっちゃ通ってたわ。

 

それで、その一人で歌う日時とSkype等のURLを、この「呼吸は切り替わるクラブ(※今、思い付きで名付けました)」にご登録頂いた方にメールかLINEでお知らせし(※勿論登録も参加も無料です)、歌が聞きたくなったら好きなタイミングでスマホやPCからいつでも参加、出入り自由、という企画をスタートします。

多分、誰も来ない日の方が多いでしょうから、そんな日は寂しくスマホを前に、シャキッとは切り替わらない呼吸で歌って遊んでます。

それで、そこに誰かがスマホ画面に入って来てくれたなら、一気に呼吸は切り替わり、本気の体と心で歌い始める、という訳です。

気楽にむちゃぶりリクエストにも応えたり、あんまり人前ではやってない密かなレパートリーを披露したりとか、やらないとは断言出来ません。

この記事に気付いた方で、こんなんに興味ある方、歌と無駄話で時々なら楽しみたい方は、下記のHP内メールアドレスから「呼吸は切り替わるクラブ(※今、思い付きで名付けました)」通知メール希望の旨、お知らせください。

※※事務的混乱を防ぐ為、企画名は一言一句間違いの無いよう正確にご入力ください。

今度こそこのブログを通して一人位は申し込みが来るでしょうか。

僕は来ない方に500万賭けます。

お問い合わせ等は

↓こちらのHPからメールでお願いします↓

※ https://tonus-mn.jimdofree.com/

僕のLINE知ってる人はLINEでお願いします🙏というかその人達にはこっちからLINEします。

明日の屋外イベントはやめとくことにしました

オリンピックはやるんでしようからやっても良かったんでしょうけど。

なんか、代わり映えのしない公の対応や対策が人伝に耳に入るにつれて、疲れが倍増します。

明日は、今回は代替として、ご希望の方にはオンラインでのご対応をさせて頂きます。

たった二週間前にはスタジオで歌わせて頂いてたのですが。

久し振りの更新は、その、小さなライヴの振り返りをさせて頂こうかと思います。

前回の記事「レッスンとは・・・」との繋がりでもって読んで頂けると幸いです。

10畳位のスタジオと聞いて現地に着きましたが、実際にはもう少し狭く感じました。

自分の音、声もギターも返りが良くて聞こえ易く、非常に演奏が楽でした。

これまでに何度か歌ったことのある曲は、その、これまでに歌った経験が支えとして上積みされるのでしょう。なのでいつも、その時の自分なりに上手く歌えたという経験が殆どです。

それは、他の誰とも、他の何とも比べないから、たった今の自分がやれるだけのことを普通にやっているだけなので、正直に大体いつも上手く歌えた感じが湧いて来ます。

それでもう一つ大切なのが、今回も前回のようにやろうなどと、微塵も思わない自分である、ということです。

それで結果、いつも同じような感じで、良い時の再現のようになっている曲も結構ありますが、それは、自分がそんなにも日進月歩で成長していない証しなのか、それとも、劣化せずに現状維持に見える、ということは細やかな進歩と捉えるのか、意見が別れるところかとは思います。

こんな風に歌うものですから、変な緊張、過度な緊張も殆どありません。

僕は、嘘をつくために人前に出るのではありませんから。

今では信憑性にも乏しいレトロな機械に嘘発見器なんてものがありましたが、あれは、嘘をつく=極度の緊張を捉える装置だった筈です。

心にも無いことを "演じて見せる" のが歌うことではありません。

今回は週末の本番までに二回ほど、カラオケBOXに入って指ならしをしましたが、声はやっぱり予想通り、予定通りにしっかりとは出ませんでした。

前以て気合い入れて歌っておこうとしても、正直な心と体がそのようにはさせてくれません、これは、相変わらずです。

自分って、こんなに歌下手くそだったっけ、と愕然とするほどに、こんな時にはまともに歌声なんか出やしません。

きっと、今、呼吸が切り替わる必然性を感じていないのです、心も体も、こんな時は。

それで、やっぱり人間ですから、こんなことで本番大丈夫やろかと不安にもなります、人並みに。

それでも、やっぱり変人ですから、人が聞いてもいない時にまともに歌えない、そんな自分を「よくできました(※正確には、よくできませんでした)」とめちゃくちゃ上機嫌で褒めている自分が居るのです。

当日、約束した三名が現地に来てくれて、約束した数名がZoomで繋がってくれて、聞く氣まんまんでそこに居てくれた時、呼吸は今回も見事に切り替わっていました。

日常生活では時折かわいい嘘もつく僕ではありますが、歌では今回も、大嘘つきにならずに済みました。

毎回何曲かは新しく試みる歌もやりますが、今回も全く初めてその場で歌う歌も、自分でも驚く程にバッチリ決めることが叶いました。

お客さんという存在と、素晴らしく見事な作品・名曲の数々が、僕の中に元からある、外界に向かって働き掛ける呼吸を、呼び覚ましてくれるのです。

世界中に、いや、そんなに範囲を広げなくても、そこいら中ご近所に、自分よりも歌の上手い人、高音域も楽々出せる人はゴロゴロと居ます。

それらと自分を比べても何の意味も無い。

自分の心と体が、自分の歌を聞こうとしてくれている人に対して、それがもしたったの一人だったとしても、瞬時に呼吸を切り替えて臨む。

それが実現出来たなら、他に二つと無い幸福がその場を包み、例え悲しいブルースを歌っても、明日を生きる勇気に繋がってゆくのです。

それが、歌というものだと、僕は思います。

今回の小さなライヴを終えても、やっぱり、そう思い続けることが出来ています。

♥持つべきものは友♥

4/11(日)、ライヴをさせて頂くことになりました。

場所は、「和光大学ポプリホール鶴川」という施設の一室です。

僕にも少し友がありまして、心理学を初めて具体的に学び始めた頃の同期の人達です。

その人達が、急に歌が聞きたいと盛り上がってくれて、あれよあれよと言う間に場所のコーディネートまで済ませてくださいました。

準備してくれる人も含めてその内の2~3名が現地で聞いてくれることが決定していて、この異常なご時世それで満席です。

現地に来られない他の人達の為にZoomも用意してくださいましたので、このライヴにはオンラインでご参加頂けます。

専用のマイク等は何も無いので、繊細な音まで上手く届くか不安な面もありますが、視聴される方も基本音声ミュートなどせずに、双方向の対話形式でお楽しみ頂けますと幸いです。

スタジオを13:00~17:00のスパンでお借り頂いたので、早ければ13:30頃には、遅くとも14:00には始まってると思います。

こんな感じで、ゆるゆると歌わせて頂けたらと思います。