新年諸々※やや長文

昨年はラストに大切な繋がりを一つ失うという、波乱の一年を象徴するような終わり方でした。
さて今年はどんな一年となりますか。

スタートは高野台でのレッスン。時々このブログでも紹介している超怖がりの保護犬トリー(♀)が、レッスン前にソファーで寛いでいる私の足元に自分から近付いて来て鼻でクンクンしてくれました。これはかなり嬉しい一年の始まりでした。

昨日(1/12)は東新宿にて2レッスン。
前半には『フォーカシングを楽しむ会』でご一緒しお話する中で私のワークに興味を持ってくださった方がお一人ご参加くださいました。今回はっきりと心理療法スキルアップを意識して体験頂いたことも手伝って、これまでとはまたひと味違った感想ややり取りに恵まれました。紡ぎ出される言葉の端々に新しい刺激や発見があり、特有の雰囲気を楽しめました。

後半はなんと参加者4名の大人数。笑われると思いますが本当に4名が大人数と感じる程に人気のない講座なんで、この正直な感覚は今のところ仕方ない。
その内のお一人は以前ご紹介した、日本歌手協会の歌謡祭にてプロレベル認定歌手として出演された “ 瀧宮麻里子 ” さんで、実はこれいつものことなんですが予約無しで急に来られてびっくりしました。
何度も繰り返しますがこの人気のない講座ですから、参加者0で店仕舞いして帰っちゃってたらどうするんですか?(これは冗談でもなんでもなく、リアルによくあることなので)などとも笑って話しましたが、今回はそうならなくて良かったです。
ところでそのご出演になった歌謡祭、この1月2日にテレビ放映されたそうで、ご自身のインタビューや歌唱シーンもバッチリOA!なのに私達に知らせるのを忘れていたということでして(・・;)
※こんなアバウトな(笑)瀧宮さんのブログはこちら↓もしかしたら秘蔵映像·画像も見られたりするのでしょうか???↓
https://ameblo.jp/sparkle-with-joy/

そんなこともありながら後半はより体の無意識の緊張に気付くこと→それはクリエイティブなエネルギーの鉱脈に気付く契機でもあること→体の動きが気持ちよく外界に開かれてゆくこと→その動きの源をもう一度辿ってみるとハートに行き着くこと······そんな展開となりました。

何も知らない人がこの日の前後半を両方見たら、同じワークとは思わないかも知れません。
こんな変な営みを、今年も懲りずに続けていく、ということです。

皆さん今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

2019年1月
名前のない、もう一つの呼吸法
中山雅夫