旗の台レッスン第二段

f:id:nakayama-att:20180616181331j:plain
2週間前と同じ、旗の台のスタジオリンデさんでワーク会を行いました。今回は広い方のスペースを使用、しかも併設スペースの使用者が無かったので前回とは雰囲気の全く違う、静かな中でのワークとなりました。
参加してくださった方は5名で、久しぶりにお互いの背中をゆっくりとケアし合う中に私も入れて頂き、ゆるゆるになってしまいました。
以前よりワークの“間”をより大切にしているように自分自身が感じています。
斬新なアプローチで皆さんを楽しませることが主体となっている時期があるかと思えば、これまでにも再三取り組んで来た動きの中に、もう一歩も二歩も踏み込んだ感覚を共有したい時期もあり、どうやら今がそのようです。
ちょっとゆっくりやり過ぎたかな?と一瞬不安になるくらい、ほんっとーにゆっくりやりました。
お付き合い頂いた皆様、ほんっとーにありがとうございました。
エキストラでやったインプロヴィゼーション遊びでは、インプロ初挑戦の方も入ってくださり、新しい個性が加わることでいつもと違う広がりがありました。その方がコーディネートされた紫陽花の花束を中心に据えてみんなで声を出した後、花やその周囲も含め物の見え方が明らかに変わったのが印象的でした。
急遽キャンセルになった方々はご参加になれず非常に残念でした。是非また次回、お願いしますm(_ _)mこのスタジオを今後も使うかどうかは分かりませんが・・・・・・。
※写真はスタジオ入口に植えてある木の枝分かれ部分がフクロウの顔なので思わず撮りました・・・ら、スタジオの中にミミズクのイラストが額縁に入って飾られておりびっくりしました、という一枚(但しピンボケ)です。