なかやまのATT日記-140字では納まりきらない呟き

A=あるがままに T=とりとめもなく T=たいくつしのぎ・・・な日記。

インフルエンザ

f:id:nakayama-att:20160213140416j:plain

2か月以上もブログを更新せずにいましたら、そのうちインフルエンザにかかってしまいました。ここ数年風邪らしい風邪も引いたことが無く、野口整体野口晴哉先生が書かれた『風邪の効用』の考えからすると、「たまには風邪でも引いて身体をリセットした方が良いのかも」などと感じてはいましたが、インフルエンザは想定外でした。

インフルエンザを、きっちりと法定伝染病という共通の認識で持って対応するようになって来たのは割と最近のような気がしていて、子供の頃は学級閉鎖というようなやや後追い式の対応はあったものの、解熱後〇〇日間は出勤自粛というような厳密なルールは、昔は無かったように記憶しています。

1月28日木曜日の夜、ちょっと乾燥していて嫌だなと感じる部屋で長時間、人の集まりに参加していました。その後喉に違和感を感じながら帰宅し、翌朝情報番組でインフルエンザの特集をたまたま視聴しました。夜にインプロ講座、土曜日には久し振りで物凄く楽しみにしている広島出張講習を控えており、気合で風邪なんか引いてないモードで押し切るか、周りの方々への迷惑を第一に考えて念の為に病院で監査をしてもらうか5秒程考えましたが、たった今観た番組が後押ししてくれたのと、最近少しは気配りが出来るように成長したようで、面倒臭がらずに病院へ行くことにしました。多分インフルエンザではないだろうから、寧ろその太鼓判を押してもらいに行くような積もりだったのですが・・・、ものの見事に陽性反応が出てしまい、結局はインプロ講座・広島出張・翌日曜日・その週の水曜日と、レッスンを全てキャンセルし、関係の皆様に大変なご迷惑をお掛けすることとなってしまいました。

お薬の処方で幻覚症状云々と説明され、気分的に抵抗感が出ましたので結局薬は断ることにし、栄養のある食事と安静にしていることで乗り切りました。熱は初日の夜こそ38.3℃で、その後すぐに微熱程度に下がってくれましたが、目や身体の節々の痛みは少々堪えました。

法人化以前の兼業時代から合わせまして、呼吸法のお仕事を初めてキャンセルしたことになります。注意を怠ったとか、特に油断していたような感じは無いのですが、呼吸法を皆様に伝えるという立場としては、最近少しハイペース過ぎたのかも知れないと、そういう反省の気持ちは現れました。回数の多さよりも、自身のコンディションをも含めた内容の充実にこそ、もっともっと留意すべきなんだと。

本当になぁ~んにもしないで一週間過ごせたことを、徐々に還元して行きたいと今は思っています。

あ!それから、通販生活で『のどミスト』注文しました。